看護師転職

お仕事に悩む看護師へ。おすすめの転職先を勤務形態・施設別にチェック!

看護師が転職したい大きな理由としては、「不規則な勤務形態」が挙げられます。

一般的な医療現場での看護師のお仕事では、夜勤・早出・遅出など、不規則な勤務形態がつきものです。

また、その他の理由としては、「重労働なのに給料が割に合わない」といった不満を感じる看護師も多く、人の命を扱う職場だけに精神的なダメージを受ける人も少なくありません。

そんな今のお仕事に悩む看護師が転職するケースは、

  • 医療とは関係のない一般職に就く
  • 医療関係で転職する

といった2つの方法がありますが、医療現場とは関係のない、いわゆる「OL」となった場合は、今より給料が激減するというデメリットは避けられません。

そのため、できれば医療現場で転職したいという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、勤務形態や施設別に、看護師におすすめの転職先をまとめてみました。

勤務形態で見るおすすめの働き方

転職するにあたって大きな指標となるのは、「勤務形態」です。
家庭と両立したい人や、もっとお金を稼ぎたい人など、今の勤務形態に不満を持つ人は、勤務形態別に転職先を探すのが一番です。

勤務形態別にお仕事を探すことで、より自分のライフスタイルを重視した職場を見つけることができますよ。

プライベートを充実したい人

土日を休みたい人や、夜は友達とご飯に行きたいなど、もっとプライベートを充実させたい人には、病院での常勤勤務ではなく、派遣看護師がおすすめ。

派遣看護師は、一定の基準を満たせば社会保険などに加入できるというメリットもありつつ、勤務時間を指定でき、土日休みなどの働き方がしやすい勤務形態です。

給与は常勤勤務よりも少なくなるのがほとんどですが、プライベートも充実させたい人にはおすすめです。

育児・介護と両立したい人

子育てや介護など、家庭との両立を優先したい人は、働く日時をあらかじめ決めることができる「非常勤」「パート」といった働き方がおすすめ。

年金や保険は基準を満たさなければ自己負担とはなりますが、スケジュールの融通が利きやすいというメリットがあります。

もっと稼ぎたい人

時間よりも給与を最優先したいという人は、「夜勤専従」勤務もあります。
夜勤専従の場合、日中よりもお給料が高くなるので、月給にも大きな差が出てきます。

そのため、夜働くのが苦ではなく、もっと稼ぎたい!という人には夜勤メインで働く方法もおすすめです。

勤務形態に合ったおすすめの施設

看護師のお仕事は、常勤勤務だけではなく、非常勤・パート・派遣など、様々な働き方があるとわかりました。

そこで続いては、施設形態別におすすめの転職先をご紹介します。

クリニック

一般的な病院とは異なり、クリニックではカレンダー通りに休日が取れるところが多いのが特徴。

そのため、土日祝日を休みたい人や、夜勤を避けたい人にもおすすめです。
また、育児や家事を両立しやすいという点から、子供がいる看護師の人にも非常に人気の職場となっています。

介護施設・保育園

老人ホームなどの介護施設や、保育園などでは、日勤のみの場合や、または勤務形態を指定しやすい職場が多くあります。

また、大型病院などの医療機関と比べると、直接的に医療行為を行う機会も少ないので、医療行為に精神的ダメージを受ける人や、一度看護師を退職したブランク明けの人にもおすすめです。

給与も高めに設定してある傾向にありますが、施設によってはシフト制であり、介護では体力的に重労働というところもあるので、慎重に選ぶことが大切です。

自己分析が転職成功のカギ!

ここまで、転職先におすすめの勤務形態や施設を見てきました。
しかし、一番重要なのは「自分が職場に求める条件」を知ることです。

例えば、

  • 職場にやりがいを求める人
  • 勤務形態を重視する人
  • プライベートや家庭を最優先したい人
  • 高い給与を求める人

など。

自己分析をすることで、自分が一番働きやすく、モチベーションを維持できる職場を見つけることができ、転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しない転職ができるはずです。
転職して今よりも良い働き方ができるように、まずは自分と向き合うことから始めましょう。