看護師転職

看護師で働くには都心部?それとも地方?それぞれの特徴をまとめてみた

看護師で転職を考えている人の中には、スキルアップのために都心部で働きたいという人や、反対に、結婚や両親のために地方で働きたいと考える人がいます。

同じ看護師のお仕事でも、都心部と地方では待遇や働き方などに大きな違いがあることから、今都心部で勤務中の人は地方へ、地方で勤務中の人は都心部へと、新たなフィールドで活躍したいと思う人も多いのです。

では、都心部と地方の病院とでは、どのような違いがあるのでしょうか?
今回は、新たな地域への転職を考えている人のために、都心部と地方の特徴をまとめてみました。
ぜひ今後のキャリアプランに役立ててみてください。

都心部と地方の違いとは?メリット・デメリットまとめ

看護師のお仕事は全国に存在しますが、都心部と地方ではそれぞれ特徴が異なります。

給料の差はもちろん、実際に働いてみて分かった点など、どちらもメリット・デメリットがあります。

では、順番にそれぞれの良い点・悪い点を見ていきましょう。

都心部で働くメリット

以前は地方で働いていた看護師さんが、都心部で働く理由としては、キャリアアップをしたいからといった理由が多く挙げられます。

なぜなら、都心部には大学病院が多く、最新の医療情報も集まりやすいことなどから、これまで経験できなかった新たな知識やスキルを身に着けることができるからです。

また、都心部の病院は地方よりも給与が高い傾向にあることや、幅広い病院の中から転職先を選べることなどから、都心部の医療現場に人気が集まりやすいことも理由として挙げられます。

メリットをまとめると、

  • 最新の医療スキルを身に着けられる
  • 看護の最新情報を入手できる
  • キャリアアップを目指しやすい
  • 地方より給与が高い
  • 求人数が多く、転職先の選択肢が豊富
  • 多様な働き方が選びやすい
  • プライベートも充実しやすい

このように、給与やスキルアップの面だけでなく、都心部なりの利便性なども魅力と言えます。

都心部で働くデメリット

一方、都心部へ転職してきた看護師の人の中には、地方の方が良かったと感じる人もいるのが事実。

デメリットとして挙げられるのは、

  • 物価や家賃が高い
  • 人混みが疲れる
  • 通勤が大変

といったように、都心部で働くデメリットに多いのは、看護師のお仕事内容での不満ではなく、都心の生活に慣れないことや、地方での生活とのギャップにストレスを感じる人もいると分かりました。

地方で働くメリット

では続いて、都心部から地方の医療機関に転職した場合のメリットについて見ていきましょう。地方へ転職した人の理由としては、「家族の近くに住みたいから」「結婚して地元に帰るから」といった理由が多くなっています。

地方で働くメリットとしては、

  • 実家の近くで働けるから、育児にも便利
  • 子育て中でも、親の手を借りることができる
  • 慣れた地域で働くことでストレスがない
  • パートナーと一緒に暮らせる

という意見が多くみられます。

地方への転職を機に、以前まで離れて暮らしていた家族やパートナーと一緒に過ごせるようになったことや、子育てと両立しているママさんにとっては、実家が近いことが何よりの魅力だと言えます。

また、生まれ育った地元付近で勤務することで、気持ちにも余裕ができ、ゆったりとした時間の使い方ができるということもメリットと言えるでしょう。

地方で働くデメリット

一方、看護師が地方で働くデメリットとしては、

  • 給与が都心部より安い
  • 求人の数が少ない
  • 最先端の医療を受けられる病院が少なく、キャリアアップには向かない
  • 医療の質が劣っている
  • 知り合いが多く、勤務中にも気を使ってしまう

などが挙げられます。

特に一番のデメリットと言えるのは、給与が低いという点と、キャリアアップを目指しにくいという点です。

ゆったりした環境で働くことよりも、バリバリ看護師のキャリアを積みたい人にとっては、地方の医療機関では物足りないと感じてしまうかもしれません。

自分のキャリアプランを考えて選ぶことが大切

看護師のお仕事で転職を考えている人は、都心部と地方では給与やキャリアアップのしやすさなどが大きく異なるため、自分の理想とするキャリアプランをじっくり考えて、転職先の医療機関を選ぶことが大切です。

看護師としてのキャリアアップを目指してバリバリ働きたいという人は、都心部の大学病院などがおすすめですし、家庭や子育てなどを両立しながら、ゆとりを持って長く看護師を続けたい人には、地方で働くこともおすすめです。

また、人によって土地の好みが異なるので、都会の方が働きやすいと思う人もいれば、田舎の方が心地よいと思う人もいます。

どちらを選ぶかは個人の自由ですので、自分のライフスタイルやキャリアプランに合った条件で、納得のいく転職先を見つけてみてはいかがでしょうか?