看護師転職

結婚を機に転職する看護師は多い?辞めたら復帰はできるの?

日本の看護師のほとんどは女性です。
女性は結婚や出産、育児など、様々ライフイベントをきっかけとして、転職や退職を考える人も少なくありません。

配偶者と一緒に暮らすために引越する場合や、夜勤無し・土日休みといったように、家庭と両立できる職場を求める人も多く、一方でキャリアアップを目指したい人にとっては辞めることに抵抗がある人もいます。

何となく転職、看護師免許があるからまた復帰できると思って退職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔にも繋がりかねません。

そこで今回は、結婚を機に転職や退職を考えている看護師さんのために、転職の注意点や復帰についてお話ししていきます。

結婚後、看護師を続ける場合

結婚後も看護師を続けていきたいと思っている人は、

  • 現在の職場で続ける
  • 転職して新たな労働条件を変える

という方法があります。

このように、結婚しても看護師を続ける場合は、ある程度の収入が安定することと、看護師としてのキャリアアップの機会を逃すことがありません。

しかし、現在の職場で働き続ける場合は、夜勤や休日出勤など、家事や育児との両立が難しく、心身ともに余裕がなくなってしまうことから、現実的には難しいとされています。

一方で、新たな医療機関に転職する場合は、夜勤無し・土日休みなどといった、家庭と両立できる医療機関に転職することで、結婚生活に時間を割くことができ、新しい職場で新しいスキルを身に着けることができるという利点があります。

転職する際の注意点

結婚後も看護師を続ける場合、勤務地や労働条件などから転職をする人がほとんどです。
家事や育児を両立するためにも、現在の職場を続ける人よりかは、転職を考える人が多いのです。

確かに、夜勤無しのクリニックや、産休・育休制度・託児施設がある求人先に転職をすれば、家庭と両立することができる上、看護師を辞めずにいられるので、子供が大きくなったときに本格的に看護師としてキャリアアップしやすい状況といえます。

しかし、転職に失敗してしまうと、「思ったよりハードだった」「融通が利かなかった」「実際ママさんが少ない職場だから、休みが取りにくい」など、働いてから転職先に不満が出てくるケースもあります。

そのため、結婚を機に転職を考えている人は、「自分がどう働きたいのか」を考え、家族とじっくり相談しながら転職先を見つけることが大切です。

看護師への転職の心得

結婚後に、別の医療機関の看護師として転職する場合には、以下のメリットが挙げられます。

メリット

  • 自分にあった職場で新しい知識を取得できる
  • 出産、育児、家事などと両立しやすい
  • 職場の人間関係がリセットできる
  • 新しい働き方を選べる(パートタイマーや派遣など)

このように、結婚を機に家庭と両立しやすい職場を選ぶことで、多くのメリットがあることがわかります。

しかし、転職するには以下のデメリットも付きものだということを心得ておくことも大事です。

デメリット

  • 自分の合う新しい医療機関を探すのに手間や苦労がある
  • 新しい職場に慣れる必要がある
  • 人間関係を一から構築する必要がある
  • 収入が減ってしまう可能性が高い

結婚を機に看護師を辞める場合

結婚を機に「家庭に専念したい」という女性は、退職を考える人もいます。

もちろん、辞めるか辞めないかには正解はなく、自分が求める将来展望に沿って決断するのが一番ですが、将来的にまた看護師のお仕事をしたいと思っている人は、安易に退職してしまうと後悔してしまうケースもあります。

そこで、結婚後に看護師を辞めるメリット・デメリットを挙げてみました。

メリット

  • 家庭を一番に専念できる
  • 心に余裕ができる

デメリット

  • 看護師の資格を活かせない
  • 積み上げてきたキャリアがリセットされる
  • 収入が減る
  • 人によってはやりがいが無くなる

このように、これまで命を扱うハードな現場で働いてきた看護師さんは、退職することで自分のことを考える時間が増え、家族や子供を過ごす時間が増えるというメリットがあります。

一方で、看護師の仕事でキャリアアップを目指していた人や、自分の仕事にやりがいを感じていた人にとっては、退職することで充実感が無くなってしまい、社会からの孤立感を感じてしまう人もいます。

看護師で働く自分と、専業主婦の自分とでは、精神や生活リズムも大きく異なるので、「自分がどうなりたいのか」を考えて、後悔のないように判断するようにしましょう。

一度退職すると復帰は難しいのが現状

結婚を機に退職をしてしまっても、看護師免許があるから大丈夫!と思っている人も多いはず。しかし、実際には一度退職してブランクが大きくなってしまうと、看護師として再就職をしたいと思ったときに、思っている以上に復帰が厳しくなってしまいます。

資格と勤務経験があっても、日進月歩の医療の現場では、1年のブランクでも追いつくのが難しいのが現状。

出産や育児のことを考えると、最低でも3年~5年はブランクが空くと思われますが、3年では新人同様、5年では看護学生と同様のレベルまでスキルが減少してしまうと言われています。

そのため、いったん専業主婦になり、今後看護師として復帰したいと考えている人は、復帰前の勉強や復帰サポートが充実している求人先を選ぶのがポイントです。

まとめ

結婚を機に看護師を転職、又は退職するには、どれを選んでもメリットやデメリットがつきものです。

どれを選んでも「これが正しい」という正解はありませんので、自分の今後の目標を考えて慎重に決断することが大切です。

また、今後も看護師として復帰して働きたいと考えている人は、一度退職するよりも、パートや派遣など、家庭と両立しやすいクリニックや診療所に転職するという方法が賢明です。

そうすることで、今後本格的な復帰をするときにも再就職しやすく、看護師としてもキャリアアップも目指しやすいと言えるでしょう。