看護師転職

話題の人気求人!保育園看護師のお仕事とはどんなもの?

看護師の多くは、夜勤や残業といったハードワークにストレスを感じ、他の施設への転職を考える人も少なくありません。

特に結婚している女性や、お子様を持つ看護師であれば、毎日激務の続く病院での勤務より、勤務時間が安定した「保育園看護師」に憧れる人も多いのでは?

この「保育園看護師」ですが、実は看護師の求人の中でもかなり人気の高い求人となっているのです。

では、保育園看護師とは一体どのような仕事内容なのでしょうか?
今回は、その仕事内容や給与について、解説していきます。メリット・デメリットをしっかり理解し、転職に向けて知識を深めていきましょう。

保育園看護師の仕事内容は?

主な仕事内容としては、園児の健康管理となります。
特に幼い子供は急激に体調が変わるので、わずかな変化も見逃さないようにチェックすることが大事です。

さらには、乳幼児に多い病気についても、しっかりと経験や知識を活用することが求められます。そこで、保育園看護師の主な仕事内容について以下にまとめてみました。

毎日の健康管理

一般的な病院と違い、保育園看護師は年単位で同じ園児の健康管理を行います。

体調の変化に素早く気付くことはもちろん、園内にウイルスが蔓延しないように対処することも重要です。さらには、病気から復帰した園児のケアまで、長期的に管理する必要があります。

そのため、多くの園児の体質をそれぞれ理解し、体調の変化を見逃さないことが求められます。

突発的なケガや病気への対応

保育園では、園児たちが元気に走り回ったりするのが日常。元気すぎるあまり、突発的に怪我を負ってしまうことも少なくありません。

そんな時は看護師の出番となります。
怪我の応急処置とすることはもちろん、大きな怪我の場合は迅速に病院へ搬送するなどの判断が必要とされます。

これまでは医師からの支持でサポートを行ってきた看護師さんですが、保育園看護師の場合は病気や怪我の判断が全て自分で対応しなければいけません。そのため、知識や判断力、落ち着いた対応が求められます。

保護者へのサポート

園児はまだ小さいので、自分の体調についてよく理解できていません。
しかし、毎日園児の様子を見ている看護師であれば、注意しておくべきことが分かるようになるでしょう。

怪我や病気に疎い保護者や、心配のあまり過剰に反応しすぎてしまう保護者については、しっかりと安心させてあげられるようなアドバイスやケアをすることが必要となります。

そのため、園児の対応だけでなく保護者との信頼関係を築くこともお仕事のうちなのです。

園児の世話と保育士のサポート

保育園看護師といえども、園内にいる看護師です。
怪我や病気のチェックだけでなく、保育士と二人三脚で仕事をサポートしていくことが必要とされます。

看護師と同様、保育士も人手不足と言われている現代では、看護の仕事だけをしておけば大丈夫という訳にはいかないのが現状です。これは病院勤務にはない、保育園看護師特有の仕事内容と言えます。

保険日記の作成

保育園では、園児たちの健康状態を記した「保険日記」を作成します。
内容としては、園児それぞれの体調の変化や対処法、アドバイスなどをしっかり書いてまとめるといったものです。

保険日記は、保護者との信頼関係を築く上で重要なポイントとなるうえ、保育園看護師としてのやりがいを感じられるポイントでもあります。

保育園看護師の給与はどれくらい?

保育園看護師の給料は、保育園によってばらつきがあり、統一感がありません。
そのため、転職時には給与面をしっかり聞いておくことが大切です。

しかし、これだけは言えるのは「病院勤務よりは給与が下がる」ということです。

看護師の平均月給が33万円~40万円のところ、保育園看護師の平均月給は19万円~22万円ほどとなります。

ボーナスの有無でも大きな差がありますが、病院勤務よりは給与が大幅に下がるということを理解しておきましょう。

保育園看護師のメリット・デメリット

保育園看護師では、一般的な病院での勤務と比べ、園児のみの対応となることから、仕事内容も大幅に変わることがわかりました。

しかし、病院勤務から転職を考えている人にとってはメリットが多いのも事実。
そこで、メリット・デメリットを以下にまとめてみました。

メリット

  • 夜勤がない
  • 土日休み
  • 残業が少ない(無い)
  • 一般のOLよりは給与が良い
  • 子供と触れ合える
  • 先輩看護師や医師と関わらなくて良い
  • やりがいがある

デメリット

  • 判断力や臨機応変さが求められる
  • 子供好きでないと難しい
  • 保護者との関係も構築する必要がある
  • 看護業務だけでなく、様々な業務をこなす必要がある

まとめ

保育園看護師のお仕事は、土日休みや夜勤がないという点から、病院勤務よりもプライベートが充実でき、家庭と両立しやすいというメリットがあるとわかりました。

しかし、その分、園内で唯一の医療従事者ということで、責任感や判断力などが求められる現場でもあります。また、子供と触れ合いながらのびのびお仕事ができる反面、給与が下がることも理解しておきましょう。

保育園看護師に興味がある人は、これらのメリット・デメリットを把握したうえで転職活動に挑みたいところです。